トップページ > 研修医募集
    地域の人々の願いに応え、医療・介護のネットワークづくりを進める高知医療生協の職員に。    
 
 
 後期臨床研修医
 
 
 
  高知医療生活協同組合 後期研修プログラム    
 
  高知生協病院では、家庭医療学コース(学会認定コース)と、
サブスペシャルティーコース(出向研修を含む)を設けています。
 
  1)家庭医コース  
 

日本プライマリ・ケア連合学会・家庭医療後期研修プログラム認定コース ( ▶プログラム参照 )
医師としての基本的な知識や技能の獲得と、家庭医療学を特徴づける能力(患者中心の医療、家族志向型ケアといったアプローチ)の修練と獲得を目指します。
生協病院での総合内科研修*を行い総合臨床医としての基盤を身につけ、診療所でのハーフディバック研修、半年間の副所長研修、その他生協病院での外科/整形外科研修や協力病院での小児科研修を行います。
診療所所長として必要な諸検査(エコー、胃カメラ、消化管透視)の技術獲得も積極的に行います。
診療所研修では外来、診療所検査、往診などの在宅医療はもちろん、介護活動や健康増進活動等の地域活動も積極的に行います。班会や組合員活動等を通して地域と密着した医療・保健活動を学びます。

 
 

2)サブスペシャリティー(内科/外科系)コース

 
 

医療生協の医師としてはジェネラルな内科医としての力量を維持する必要があります。
したがって、呼吸器、循環器などの専門分野を決めて研修を行う場合も、専門研修という呼び方はせず、サブスペシャル分野の研修と呼びます。
内科コースではまず1~1年半の総合内科研修を、センター病院を中心に行い、総合臨床医としての基盤を身につけます。また外科系コースは内科も含めた総合研修を1年程度センター病院中心に行います。
その後、高知生協病院でのサブスペシャリティー研修(外来、病棟、特殊検査)を行い、認定医・専門医取得も視野に入れて、高知生協病院医師として出向研修を行います。
卒後臨床初期研修2年間終了後、総合臨床医としての総合的力量を獲得することを目的とします。
高知生協病院(センター病院)での、各科診療の特色を活かした研修を行います。
4~6ヵ月ごとの内科各科別ローテートをおこない、それぞれの分野の一定専門性のある医療内容を学び経験します。総合内科研修期間は、先輩医師として初期研修医の指導にもあたり、ともに学び成長しあう期間でもあります。

 
     
  募集定員 臨床研修 修了者/各コース 若干名
  応募資格 臨床研修 修了者
  試験日程 随 時
  処 遇 1)給与:基本給+医師手当 医師3年目/397,800円 4年目/423,300円
     5年目/448,900円 賞与・当直手当・残業手当
2)休暇:日曜・祝日、年末年始、夏期休暇、有給休暇 
3)社会保険:健康保険、厚生年金、雇用保険
  休 日 日曜・祝日、夏期休暇4日、年末年始、有給休暇
  お問い合わせ

担当事務局 生協病院運営企画課 赤木  本部事務局 池田
〒780-0963 高知市口細山206-9
TEL:088-840-0123 FAX:088-840-0409 
e-mail:medcoop@dream.ocn.ne.jp

 
ページトップへ